2013年8月20日火曜日

20:オロロン回避

小樽では二泊しました。
なのでこの日は移動はなし、観光のみです。

朝は起きることができませんでした。
なぜって、昨晩はこんな感じだったからです。


宴会というよりもはやコンサートです。
この二人、若いのにとても上手。クラリネットの方は本職サックスのニューオーリンズ仕込です。

というわけで昼に起きて、小樽から電車で30分の余市へ。
ここはニッカウヰスキーの工場があり、無料で見学できます。



お酒の工場見学と言えば試飲ですよね!
昨日散々飲んだのに、昼から迎い酒。いやぁ幸せだ。
で、帰ったら再び宴会。一向にアルコールの抜ける気配がありません。

それでも翌日はちゃんと起床して音威子府(おといねっぷ)まで400キロを走破。
ルートはこんな感じです。


日本海側のオロロンラインは有名な好景観路ですが昨年走ったこともあり内陸を行きます。
地図に示したルートは交通量皆無、取り締まりなしのワインディングを延々と走ることができます。
道も素晴らしく、たまに現れる路面の“うねり”が腕の見せ所です。

それにしても二日酔いがひどいので朝一でカツゲン!



北海道と言ったらこれです。

途中ひまわり畑を見かけました。枯れかけだったのが残念ですね。



とても良い道で久々にツーリングしてる感覚を味わえました。
天気が悪いのは予報だけで、僕の上は常に快晴。この旅でまだカッパを着ていません。

到着地は音威子府という村の咲来(さっくる)という集落のライダーハウスです。
長閑な蕎麦畑の中を、オーナーさんの車の荷台に乗って行く温泉はまた格別です。

0 件のコメント:

コメントを投稿